不倫相談ケース記録:夫の不倫からの夫婦関係の回復:元の鞘

top>カウンセリング体験記・カウンセラーの記録>夫の不倫からの夫婦関係の修復
カウンセリング体験記&記録

不倫・浮気とは?

カウンセリング(相談)

その他




夫の不倫からの夫婦関係の修復:元の鞘

Bさん夫妻。夫35才、妻34才

  相談にこられたのはAさん(34歳)。最近すごく楽しそうに仕事にいくご主人を不信に思い、携帯を見て不倫をしって動揺し、その3日後にカウンセリングにこられました。初回は動揺した気持ちを抑える事ができず、ただ話を聞き、気持ちの整理におつきあいしました。そして、2回目こられた時は一変して覚悟を決めてこられました。夫にこのことを伝えて、夫の反応次第では離婚すると。しかし、Bさんはご主人への愛情もまだお持ちで、加えてお子さんの将来をとても心配していました。そこで、お子さんへの対応の仕方を丁寧にお伝えし、ご主人とどういう話し合いを持つのかを一緒に考えました。Bさんは二人ではどうしても冷静に話せる自信がないということだったので、「私の相談に付き合ってほしい」とご主人を誘って一緒にカウンセリングに来ると決めて帰られました。
 その一週間後、お二人で来所されました。当初の予定と違い、Bさんは上手くご主人を誘う事ができず、つい私たちの今後のことでと伝えてしまったようですが、ご主人はそれに応じて来てくれたとのことでした。その回の夫婦カウンセリングは、Bさんが不倫をしって苦しんだこと、また疑って携帯を見たことへの謝罪を涙ながらに語られました。ご主人はただその言葉に頷いて、最後に「申し訳ない。そんなに傷ついていたとはしらなかった。」「お前と今後もやっていきたい。だから、しばらくこうやって二人で向き合う時間に使わせてもらおう」と言われ継続してカウンセリングを受けることが決まりました。
 その後、不倫をした経緯や、現状、そして今後夫婦としてどうしたいかなど徐々に未来へ話にトピックが移り、新しく夫婦として進まれていきました。 これは彼らが言った言葉でとても印象に残っており、よくカウンセリングで言うようになった言葉です。 「元の鞘には戻れないことがわかりました。だから私たち夫婦はここで家運セリンウを通して新しい鞘を作ることをしていたんだと思います。」 彼らがいうように、時間は戻れないのです。昔の関係に戻りたいといっても、時間も立って、成長や変化をしている中で無理がきたことが問題になること多いのです。その中で昔に戻っても鞘は壊れてしまっていて、また同じ事を繰り返します。だからこそ、新しい鞘、つまり今の二人にとって一番いい関係を再構築する必要があるのです。かれらはそのことをほんとうに体験して前に進まれていきました。

 *本事例はプライバシーを配慮して、個人が特定されないよう内容の一部を変更しております。


| ステップファミリーカウンセリング| 夫婦カウンセリング浮気・不倫相談カウンセリング| モバイル;夫婦カウンセリング| 大阪離婚相談Navi|