不倫・浮気相談ケース記録:不倫した妻を許す作業

カウンセリング体験記&記録

不倫・浮気とは?

カウンセリング(相談)

その他




不倫した妻を許す作業

Aさん夫妻。夫35才、妻37才

 Aさん夫妻はご主人から妻の不倫をどう受け止めていいのかわからないとご予約をいただきました。お会いすると、とてもつかれた様子で先月に妻が不倫相手と腕を組んで歩いているところに偶然遭遇してしまい。その後話し合い、妻はその相手と別れたもののどうしても感情的に許せないということを語られました。その後妻への怒りを語られ、その整理を行ってきました。その中で徐々に自分が妻に対して思いやりをもって接していなかったこと、女性として見ていなかったと、誕生日を忘れたり、一緒に出かける機会が減ってきたことが反省が語られました。そして妻に対して少し向き合えそうだと思えたことを確認して、ご夫婦でご来所頂きました。そこで、Bさんから語られたのはAさんの反省とはまったく違う内容でした。Aさんが反省していたように、誕生日を忘れたり、一緒に出かける機会が減っている事は奥様のAさんも不満に思っていたようですが、奥様の不満はそこではなく、夫のために綺麗にしてもそれに気づいてくれなかったというシンプルなものでした。そこから、お互いに求めているものと、与えようと思っているものの違いが明確に語られ、それをお互いに確認し合いながら理解が深まっていきました。
 夫婦カウンセリングを3回して、二人で頑張れそうというお気持ちを確認してカウンセリングは終了しました。その後、3ヶ月後、ご主人のAさんから以下メールが届きました。

 先生ありがとうございました。不倫ということから相談に伺ったわけですが、根本にはお互いの理解のなさが隠れていたようです。今になってほんとうに未熟だった自分たちがお恥ずかしいです。その後、相変わらず自分の思う思いやりを押しつけて喧嘩になることはありますが、カウンセリングを通してその解決の方法を学んだようで、少しずつですが夫婦らしくなっている気がします。
 また、もし二人でどうしようもなくなった時お伺いします。そのときはよろしくお願いします。
 
 奥様の不倫という問題でスタートしたカウンセリングですが、その根本にはお互いの相手の気持ちの認識の違いがありました。このケースに限らずほぼすべてのケースで相手の気持ちが分かっていないということが根本にはあります。このご主人がすごかったのは、最初に相手に非があることにも関わらず、自分の行いを反省して、それが違っても頑張ってそれを修正して夫婦関係を良くしていこうと努力して、その姿勢に奥様ももう一度やりなおせるかもという思いがでてきたところです。ある意味最初から力のあるカップルだったわけです。
 しかし、その力がお互いどこに向けていいのかわからない、それを修正する方法がわからないそれが問題だったわけです。カウンセラーはそのエネルギーの方向性を一緒に模索し、その方向がずれた時に合わせる話し合いを学ぶ機会にカウンセリングの場を設定しました。親密な関係ではよくあることですが、お互いに親しいだけに上手く話し合いが成立しない場合カウンセラーを介して話すことで、いまでと違う解決方法を学ぶ機会になります。

 *本事例はプライバシーを配慮して、個人が特定されないよう内容の一部を変更しております。


| ステップファミリーカウンセリング| 夫婦カウンセリング浮気・不倫相談カウンセリング| モバイル;夫婦カウンセリング| 大阪離婚相談Navi|